最新トレンドに基づく、2024年におすすめの海外ファッションブランドランキングを紹介します。

ロレックスで一番レアなモデルは?ロレックスで買いにくいモデルは?


ロレックスの中でも特に入手が困難なモデルをランキング形式でご紹介します。これらの時計は、ファンなら一度は手に入れたいと憧れる逸品ばかりです。市場で非常に高い人気を誇り、その希少性から購入するのが極めて難しいモデルたちです。

目次

第1位 コスモグラフ デイトナ レインボー Ref.116595RBOW


ロレックスの最高峰に位置するラグジュアリーモデル、コスモグラフ デイトナ レインボー。レインボーカラーに敷き詰められたバゲットベゼルが特徴です。このモデルは、その豪華なデザインと希少性から市場で非常に高い人気を誇っています。

  • 素材:エバーローズゴールド
  • 駆動方式:自動巻き
  • ケースサイズ:40mm
  • ムーブメント:Cal.4130
  • パワーリザーブ:約72時間
  • 防水性能:100m

当店ジャックロードには2019年に入荷し、当時の販売価格は42,800,000円でしたが、最終的には69,980,000円まで価格が上昇しました。ブラック文字盤仕様のこのモデルは、ゴールドクリスタル仕上げのインダイヤルが美しいコントラストを作り出しています。

第2位 GMTマスターII Ref.126719BLRO メテオライト文字盤


隕石文字盤を持つ唯一のプロフェッショナルモデル、GMTマスターII。2019年に発表されたこのモデルは、流通量が非常に少なく、高い人気を誇ります。メテオライトの網目模様は個体差があり、唯一無二の見た目が魅力です。

  • 素材:18ctホワイトゴールド
  • ケースサイズ:40mm
  • ムーブメント:自動巻き
  • キャリバー:Cal.3285
  • パワーリザーブ:約70時間
  • 防水性能:100m

参考価格は8,480,000円とメーカー希望小売価格の5,100,700円を大きく超える価格となります。今後、生産終了に伴い価格はさらに高騰することが予想されます。

第3位 コスモグラフ デイトナ Ref.116506 アラビア・インド数字モデル


中東向けに特別に生産された別注文字盤を持つプラチナ仕様のコスモグラフ デイトナ。このモデルは独特な形状のアラビア・インド数字インデックスが特徴で、非常に希少です。

  • 素材:プラチナ
  • ケースサイズ:40mm
  • ムーブメント:自動巻き
  • キャリバー:Cal.4130
  • パワーリザーブ:約72時間
  • 防水性能:100m

2013年にデイトナ50周年を記念して発売され、現在の相場価格は1,200万円前後です。生産終了に伴い、相場はしばらく安定して高値を維持するでしょう。

第4位 GMTマスターII Ref.126720VTNR ジュビリーブレス


2022年の新作、通称レフティモデル。左側にリューズが付いたこのモデルは、見た目のインパクトと希少性から大きな注目を集めました。5連ジュビリーブレス仕様は特に入手困難です。

  • 素材:ステンレススチール
  • 駆動方式:自動巻き
  • ケースサイズ:40mm
  • ムーブメント:Cal.3285
  • パワーリザーブ:約70時間
  • 防水性能:100m

正規店での定価は約160万円、買取相場は200〜250万円です。人気のグリーンベゼルと貴重なレフティモデルということで、高い需要があります。

第5位 デイトナ Ref.116508 グリーンダイヤル


2016年に登場したデイトナ 116508 グリーンダイヤル。ロレックスのシンボルカラーであるグリーンダイヤルが特に注目されています。現在の相場価格は約900万円と、年々高騰しています。

  • 素材:イエローゴールド
  • ケースサイズ:40mm
  • ムーブメント:自動巻き
  • キャリバー:Cal.4130
  • パワーリザーブ:約72時間
  • 防水性能:100m

第6位 オイスターパーペチュアル41 Ref.124300 ターコイズブルー


ターコイズブルー(ティファニーブルー)文字盤が特徴のオイスターパーペチュアル41。2020年に登場し、わずか2年で生産終了となったため、非常に希少です。現在の取引価格は約90万円です。

  • 素材:ステンレススチール
  • 駆動方式:自動巻き
  • ケースサイズ:41mm
  • ムーブメント:Cal.3230
  • パワーリザーブ:約70時間
  • 防水性能:100m

第7位 スカイドゥエラー Ref.326934 ブルーダイヤル


2012年に登場したスカイドゥエラー 326934 ブルーダイヤル。年次カレンダー機能を備えたこのモデルは、正規店への入荷本数が少なく、非常に入手困難です。今後もその状況は変わらないでしょう。

  • 素材:ステンレススチール、ホワイトゴールド
  • ケースサイズ:42mm
  • ムーブメント:自動巻き
  • キャリバー:Cal.9001
  • パワーリザーブ:約72時間
  • 防水性能:100m

第8位 ディープシーチャレンジ Ref.126067


2022年に発表されたディープシー チャレンジ 126067。11,000mの防水性を誇るこのプロフェッショナルダイバーズウォッチは、ロレックス初のフルチタンモデルです。定価は360万円ですが、高い人気で入手困難です。

  • 素材:RLXチタン
  • 駆動方式:自動巻き
  • ケースサイズ:50mm
  • ムーブメント:Cal.3230
  • パワーリザーブ:約70時間
  • 防水性能:11,000m

第9位 コスモグラフデイトナ Ref.116500LN


コスモグラフ デイトナ 116500LN。ステンレススチールのベゼルからセラクロムベゼルに変わったことで、特に白文字盤の人気が急上昇しました。生産終了後も高値で取引されており、今後も入手困難な状況が続くでしょう。

  • 素材:ステンレススチール
  • 駆動方式:自動巻き
  • ケースサイズ:40mm
  • ムーブメント:Cal.4131
  • パワーリザーブ:約72時間
  • 防水性能:100m

第10位 ヨットマスター42 Ref.226659


ヨットマスター42 226659。42mmケースとマットブラックのセラクロムベゼルが特徴です。オイスターフレックスブレスレットにより、高い耐久性と快適な付け心地を実現しています。普段使いに適したこのモデルは非常に人気が高く、入手困難です。

  • 素材:ホワイトゴールド
  • 駆動方式:自動巻き
  • ケースサイズ:42mm
  • ムーブメント:Cal.3235
  • パワーリザーブ:約70時間
  • 防水性能:100m

なぜこれらのモデルは買いにくいのか?

ロレックスの入手困難モデルにはいくつかの共通点があります。それらを知っておくことで、今後の購入の参考になるでしょう。

理由1. 独自のデザイン


これらのモデルの一つの共通点は、独自のデザインです。今回紹介したモデルは、他にはないユニークなデザインを持っています。

例えば、最も入手困難なデイトナ レインボー 116595RBOWは、ベゼルに七色の宝石を使用し、唯一無二のデザインが特徴です。ゴージャスで目を引くデザインは、時計ファンの心を掴んで離しません。

また、GMTマスターII 126719BLRO メテオライトは、希少な隕石を使ったダイヤルを採用しています。さらに、デイトナ 116508 グリーンダイヤルやGMTマスターII 126720VTNRなどは、ロレックスのコーポレートカラーであるグリーンを使用しています。

このように、特別な素材や独自のデザインが施されたモデルは、人気が高く、入手困難になる傾向があります。

理由2. 高い機能性


次に、性能面・耐久面が非常に優れていることも共通点です。今回ご紹介したモデルのムーブメントは、Cal.4130、Cal.3285、Cal.9001など、高性能なものが搭載されています。

Cal.4130は、完全自社生産のクロノグラフムーブメントで、部品数を約60%減らし、メンテナンスがしやすくなっています。Cal.9001は非常に複雑かつ精密で、信頼性や精度に定評があります。

また、ディープシー チャレンジ 126067は驚異の11,000mの防水性能を持つプロフェッショナルモデルです。リングロックシステムによる高い防水性を実現しており、9.5mm厚のドーム型サファイアクリスタルガラスが特徴です。

このように、ロレックスの最新技術や高性能を備えたモデルは、人気が高く入手しにくい傾向があります。

理由3. 限られた生産による流通量の少なさ


ロレックスは高級時計としてだけでなく、投資対象としても注目されています。その需要の増加に伴い、どのモデルも手に入れにくいのが現状です。

特に、今回のランキングに入ったモデルは、生産数が少なく、販売期間も限られているため、手に入れるのが非常に難しいです。

例えば、2012年に発売されたデイトナ レインボー 116595RBOWは高額であり、生産数が少なく販売期間も限られていました。スカイドゥエラー 326934 ブルーダイヤルのような複雑な構造を持つモデルも、生産数が限られています。

さらに、デイトナ 116500LNやオイスターパーペチュアル41のように廃盤となっているモデルは、生産されないため流通量も限られています。

このように、販売期間や生産数が限られていることが、ロレックスの入手困難モデルの特徴です。

2024年度総合トップブランド
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
タグ